<   2010年 05月 ( 3 )   > この月の画像一覧

<自民党>赤松農相の不信任決議案を提出へ 口蹄疫問題で(毎日新聞)

 自民党は25日、宮崎県で感染が広がっている口蹄疫(こうていえき)への政府の初動対応に問題があったとして、赤松広隆農相に対する不信任決議案を26日に衆院に提出する方針を固めた。同日午前に公明党との幹事長、国対委員長会談を開き、協力を要請する。

【関連ニュース】
口蹄疫:赤松農相、初めて陳謝
口蹄疫:「スピード感が大事」鳩山首相、赤松農相らに指示
口蹄疫:初動対応「問題ない」 赤松農相
TBS:裏付け取材不十分と謝罪 赤松農相のゴルフ報道で
口蹄疫:20万5000頭処分 政府決定

飛鳥京跡に大型建物遺構=天皇の私的空間か―奈良(時事通信)
辺野古周辺「正しい決断」…米国務長官(読売新聞)
沖縄県民の同意得られなければ総辞職を 渡辺氏(産経新聞)
医療少年院で暴行=法務教官を戒告処分―三重(時事通信)
<裁判員裁判>起訴1年公判日決まらず 鑑定医の事故で延期(毎日新聞)
[PR]
by ngdabi9s5r | 2010-05-28 17:49

ミズバショウが見ごろ 長野(産経新聞)

 長野市鬼無里(きなさ)の奥裾花自然園の今池湿原では、ミズバショウが見ごろを迎え、多くの観光客でにぎわった。標高1250メートル、約7ヘクタールの湿原に81万株以上のミズバショウが咲き、雪解け水の流れには天然のイワナが泳ぐ姿も。

 横浜市金沢区から訪れた鈴木則子さんは「ミズバショウが咲くそばで雪景色がみられ、感激しました」と雪が多く残る景色との対比を楽しんでいた。

 鬼無里観光振興会によると、今年は天候不順で例年より開花がやや遅め。見ごろは今週末からで、今月末まで楽しめるという。

【関連記事】
六甲高山植物園でミズバショウ見ごろ
新緑の尾瀬 山開き ミズバショウの見ごろ早め
タンチョウ飛来がピーク 北海道鶴居村の給餌場
新種の珪藻発見か 滋賀・長浜の湿原
「コケ」や「花」も 多様化する「壁面緑化」
少子化を止めろ!

「四重苦」救う3つの介護政策―NPOが提言(医療介護CBニュース)
千葉市、6年間で不正経理総額4億6千万円(読売新聞)
パチンコ店に3人組強盗、女性店員縛り360万円奪う 千葉(産経新聞)
日米合意出来れば首相の進退問題なし…下地氏(読売新聞)
「半農生活」農園選びが大切 指導者・距離・広さ、ポイント(産経新聞)
[PR]
by ngdabi9s5r | 2010-05-20 06:16

<京都大iPS細胞研究所>公開…分散していた研究拠点集約(毎日新聞)

 人工多能性幹細胞(iPS細胞)研究に特化した京都大のiPS細胞研究所(京都市左京区)が8日、報道関係者に公開された。午後に完成式がある。

 同研究所は地上5階、地下1階建て。約47億円を投資し、2月下旬に完成した。4月にはiPS細胞研究センターから格上げされ、分散していた研究拠点を集約。既に運用が始まっている。

 研究者やスタッフは約120人。細胞初期化の分子機構の解明▽各種細胞への分化誘導法の確立▽iPS細胞を用いた病態解明と創薬への応用−−などを研究している。

【関連ニュース】
幹細胞:政府の姿勢を「研究阻害」と批判…京都大准教授
iPS細胞:臨床研究で使用可能に 厚労省専門委が指針案
新・多能性幹細胞:「ミューズ」と命名…東北大チーム発見
iPS細胞:京大の特許管理会社がライセンス契約
学士院賞:iPS細胞研究の山中氏ら11人に

酔って小学校で暴言、市議リコールの投票告示(読売新聞)
石原知事、漫画規制案で「非実在青少年って何?」(産経新聞)
日本認知症ケア学会・読売認知症ケア賞の公募を開始(医療介護CBニュース)
日本一の大阪ブドウ復活を 駒ケ谷地区再生へ熱い思い(産経新聞)
CO2排出への影響は限定的=高速無料化で試算−国交・環境省(時事通信)
[PR]
by ngdabi9s5r | 2010-05-12 22:12