町田と相模原が証明書発行で協定(産経新聞)

 市境を接する町田市と神奈川県相模原市は、双方の窓口で相手市民の住民票や戸籍謄本など各種証明書を発行するサービスを4月から始める。町田市の石阪丈一市長と相模原市の加山俊夫市長が10日、相模原市役所で協定書に調印した。総務省によると、都県境をまたいでのこうした協定締結は全国初という。

 発行できるのは住民票の写しや印鑑登録証明書、戸籍全部事項、戸籍謄本・妙本で、町田市では市役所など3カ所、相模原市では中央区役所など3カ所の窓口で取り扱う。

秋山被告3月に判決=防衛コンサル脱税−東京地裁(時事通信)
【中医協】診療所の再診料、2点引き下げで決着(医療介護CBニュース)
首相動静(2月12日)(時事通信)
3年間で1万5000個 ビアだる窃盗容疑(産経新聞)
<調査捕鯨>抗議船2隻で妨害 緑色の光線照射も(毎日新聞)
[PR]
by ngdabi9s5r | 2010-02-15 18:09
<< <救護被爆>厚労省が認定緩和 ... 長谷川等伯展 出品の国宝2点搬... >>